さらば修羅の道

さらば修羅の道

2023年10月18日

太宰治「斜陽」より
主人公かず子の弟・直治の遺書をテーマに曲を作りました。
彼の一生を六道輪廻の道のひとつである修羅道に例えた作品となってます。

今回の動画はいがきちさんにお願いしました。
楽曲を作り始めた当初から、いがきちさんの映像が頭にあったので、作ってもらえたことがとても嬉しいです。

ミックスマスタリングは、さぶろうさんにお願いしました。
奇声などを入れたので「とにかく聴きやすい曲にして欲しい」と伝えたら、素晴らしい調整で大満足です。

さらば修羅の道

[lyric]
このくだらない僕の喜びを誰が信じてくれるでしょう
今頃凍えたこの街じゃ専らの噂なんだから

いつからか夜に眠れなくなってしまいました
好きでいたはずのことも次第に嫌いになりました
何が悲しくて今僕が泣いているのかを
何も知らないくせに何故笑いかけるのでしょう

人は皆同じだと誰かが唱えるもんだから
何をしようにも照れくさくて 絶えず不安でこのザマよ!

あなたと目が合うと情けなくてまた誤魔化し笑うのでしょう
その度至らないこの心が止め処なくて狂わしいのです

けれど最後に思います 母がくれた愛と品性を
友の強さに充てられて 終いにはでっちあげたデカダンス

ふらふら
ビル風に曝されて 割れるような頭の中
水溜まり越しに見えた嘲笑う魚の群れ

どれだけ胸の奥が張り裂けてしまっても言えずにいるでしょう
それでもあなたの横顔を一目見れるだけで良いのです
下劣なちえくらべやはしたなさが僕には足りないのでしょう
お高く留まってると言うけれどこれはプライドじゃないのです

この心を信じてくれるのなら
このままふたりで地獄まで落ちていこう

愛されること 愛し続けること
この歌が終われば もう思い残すことはないでしょう

このくだらない僕の喜びを誰が信じてくれるでしょう
今更凍えたあの街に帰ることも出来やしないのです

誰にも言えなかったこの弱さを でも気付いてもらいたかった
須らく愛してみせます さらば修羅の道

カテゴリー

てとら

てとら

ボカロP/作詞・作編曲

ボーカロイドで曲を作っています。作編曲/作詞。

BGMなども作ります。ご依頼お待ちしています。

関連記事